よくある質問

●質問リストからお客様の該当する質問をお選びください。


質問する - 聞き方について -

受講前によくある質問

  • 本当に聞き流すだけでいいのですか?

    本当に聞き流すだけでいいのです。繰り返し聞いていくうちに、だんだんと頭に残っていくので、時間の許す限り聞いてください。「今の単語の意味が分からない!」という不安を取り除くために、会話の後に日本語を収録しています。そのため何を言っているのか分からないまま進んでしまうということはありません。
    さらに、辞書をいちいち引かなくてもいいので、中断することなくどんどん「聞き流す」ことができます。通勤、通学の途中や家事をしているときなどでも、会話の場面をイメージしながら、音楽を聞くようにリラックスして聞いてください。子どもたちが初めて言葉を話し出すのと同じように、自然に話せるようになります。
    外国語には日本語にはない周波数がありますが、聞けば聞くほど独特の音やリズムに慣れてくるでしょう。英語独特の周波数にあなたの耳が適応していきます。その効果を実感するまでには個人差がありますが、誰にでも「その日」は必ずやってきます。

  • 1日どれくらい聞いたらいいですか?

    「1日何時間聞こう!」と、力まないでください。ライフスタイルを変えずに『スピードラーニング』と一緒に生活するようなイメージでご利用ください。聞きはじめの時期は1回5分からでいいので、それを1日のうちに何回か聞いてください。
    『スピードラーニング』をライフスタイルの中に定着させ、あなたが英語に親しみ、好きになっていくことが大事です。それが外国語習得に一番よい方法ではないでしょうか。最初に一生懸命かけ足から始めて、途中で挫折したことはありませんか?あくまでも今の生活のリズムを崩さず聞き流してください。

  • 文法は勉強しなくていいのですか?

    文法にはこだわらないほうがいいでしょう。むしろ文法にこだわってしまうと、会話を聞き取って理解する力がなかなかつきませんし、文法を考えて話をしていては、いつまでたっても不自然な会話のままになってしまいます。私たちは日本語を話すときにそれほど「文法」にこだわって話をしているでしょうか?じっくりと考えてみましょう。

  • 単語を知らないと、聞いても意味がないのではありませんか?

    たとえあまり単語を知らなくても、『スピードラーニング』を聞き流すうちに、前後の知っている言葉から何を言っているのかイメージできるようになります。例えば私たちが日本語で会話をするとき、相手が自分の知らない言葉を使ったとしても、前後の言葉から「この人はこういうことを言っているんだな」と、想像して会話が続くことはありませんか?英語も同じなのです。

受講中によくある質問

  • 聞き流しで気をつけるポイントはありますか?

    細かいところは気にせず、全体でどのような話をしているのかをつかむことがポイントです。

  • どうしても文法が気になります。

    つい文法や単語が気になってしまうのは、私たちが学校で受けた英語教育によるものです。正しい外国語習得のプロセスは「聞く→話す→読む→書く」で、まずは音から覚えていくのです。これまでの学習法を忘れて、文法は気にせずに『スピードラーニング』の学習法「聞き流す」ことを続けていきましょう。

  • 長い会話が理解できない場合は、どうすればいいですか?

    実は、長い会話を理解するにはすべての単語を聞き取る必要はありません。実際には文中のいくつかの単語(キーワード)が聞き取れれば十分なのです。それは「慣れ」ではなく「コツ」。キーワードを正しく聞き取る「コツ」をつかむには『スピードラーニング』を聞き続けることが大切です。

  • 聞きながら、自分でも口に出してまねてみたほうがいいですか?

    『スピードラーニング』の聞き流しを続けて英語(外国語)の音に慣れてきたら、積極的に英語(外国語)を口に出していくと上達も早いです。まずは『スピードラーニング』の英語(外国語)のフレーズのあとに、まねして口にすることから始めてみましょう。
    エスプリラインでは『スピードラーニング』受講者限定の電話英会話サービス(1巻につき2回まで、通話料無料)を提供しておりますので、ぜひご利用ください。外国人スタッフと会話を楽しむことで語学習得に対するモチベーション維持にも役立ちます。

  • 『スピードラーニング』の会話を暗記すれば上達しますか?

    残念ですが暗記をしても上達はしません。『スピードラーニング』を暗記する必要はないのです。とにかく聞き流してください。繰り返し聞くことでいろいろな表現が頭に残っていきます。すると、場面に応じて必要なフレーズが自然と引き出されるでしょう。

  • 聞き取れないとすぐにスクリプトブックを見てしまいます。

    『スピードラーニング』は音から外国語を習得する教材です。スクリプトブックを見ながら『スピードラーニング』を聞くことは昔の勉強法に戻ってしまうとともに、綴りをローマ字読みした自己流の発音になりがちですから、外国語のあとに続く日本語で場面をイメージしながら聞き流していきましょう。どうしても単語が気になる場合は、CDを最後まで聞き流したあとにスクリプトブックで確認してください。聞きながら、分からないところでその都度CDを止めてスクリプトブックを見たり、辞書を引くのはやめましょう。

  • 英語が早くて聞き取れないのですが、それでも大丈夫ですか?

    『スピードラーニング』は初めからナチュラルスピード(普通に話す言葉の早さ)に慣れるようにつくられています。初めて聞く人は「早い」と感じるかもしれませんが、音楽を聞くようにリラックスして英語独特のリズムや雰囲気を楽しんでください。そのうち徐々に慣れ、聞き取れるようになってくるでしょう。慣れてくると、今度は逆にスピードが遅いと感じるお客様もいらっしゃいます。

  • 外国語を話す機会をつくったほうがいいですか?

    『スピードラーニング』を聞き流し、ある程度リスニング力がついてくると「英語を話したい!」という気持ちになるものです。当社では「フリートーク」または「リッスン&リピート」を1巻につき2回まで、通話料無料でご利用いただけます。ネイティブとの会話の場を提供していますので、ぜひご活用ください。恥ずかしがらず、怖がらずに自信を持って話しましょう。

  • 海外に行ったほうが英語はうまくなりますか?

    そういう方法もあると思います。機会があればどんどん行ってください。そして、いろいろなことに興味を持ち、その国の環境にどっぷりとつかってみるのもいいでしょう。
    しかし『スピードラーニング』なら日本にいてもどこにいても、英会話をマスターできることもお忘れなく。アメリカに住んでいる多くの日本の方々にも『スピードラーニング』をご利用いただいています。

  • 途中でギブアップしないようにするにはどうすればいいですか?

    大事なことは、上手に『スピードラーニング』を聞く環境を整えることです。あなたのライフスタイルを変える必要はありません。歯みがきをするときやお風呂に入るときなど、毎日日課になっていることがあると思います。その時間を利用して『スピードラーニング』を聞き流すのです。歯みがきをするときにスイッチをオンにする、お風呂に入るときにスイッチをオンにする…など、毎日必ずすることと一緒に『スピードラーニング』を聞き流すことで、自然と外国語を聞くことが習慣化していきます。
    何ヵ月か続けるうちに、途中でモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。そんなときは、外国人スタッフや『スピードラーニング』を受講する仲間と出会えるイベントが開催されていますので、ぜひ参加してみましょう。一人じゃないということを知ることができますし、何より自分の学んでいる外国語のネイティブスタッフと話ができるのです。外国語を口から出すことは、驚くほどあなたのモチベーションをアップさせます。

  • CDのタイトル・トラック名が、Windows Media Player、iTunesなどで正しく表記されない

    当社制作CDにはタイトル・トラック名を入力していません。Windows Media Player、iTunes等に正しいタイトル・トラック名を入力する際には、下記のリンクに記載されているタイトル・トラック名をコピーペーストしてお使いください。
    ※タイトル及びトラック名は最新のものを掲載しておりますので、お客様の教材ご購入時のものと内容が変更されている場合があります。

?