よくあるご質問
皆様からいただいたご質問を掲載しています。

『スピードラーニング英語』との違いは何ですか?

『スピードラーニング英語』は日常会話やアメリカの文化などを中心に収録されており、ドラマのようなストーリーのある自然な会話の流れになっていますが、『スピードラーニング・ビジネス』では主な登場人物がビジネスマンで、ビジネスマンが遭遇しそうな場面のストーリーになっています。また、『スピードラーニング・ビジネス』には、話すトレーニングができる教材もついております。

『スピードラーニング・ビジネス』の英語のスピードは、他の『スピードラーニング』の英語やジュニアと比べて速いですか?

スピードの違いはございません。

英語初心者なのですが『スピードラーニング・ビジネス』を受講しても大丈夫ですか?

ビジネス英語が必要な方でしたら『スピードラーニング・イングリッシュ』にある程度慣れてから、『スピードラーニング・ビジネス』を始められるのが効果的と思います。『スピードラーニング・イングリッシュ』を全巻受講してからでなければいけないということではございません。

どのような人が『スピードラーニング・ビジネス』を受講するのに向いていますか?

ビジネスで英語を必要としている方、または将来、ビジネスで英語を使うことが予定されている方で、ふだんネイティブの方と 話す機会がない方に最適です。

『スピードラーニング・ビジネス』は何巻までありますか?

全12巻です。

『スピードラーニング・ビジネス』は1巻あたり何分ですか?

「英語‐日本語」は、およそ50分〜60分。
「英語のみ」は、およそ20分〜30分です。

1巻あたり、いくつくらいの単語が収録されていますか?

巻によって異なりますが、1巻あたり3,500〜4,500です。この中には、重複単語も含まれています。

「シチュエーションパートナー」の長さは1巻あたり何分くらいですか?

およそ30 分です。
(第1巻は26分3秒、第2巻は28分37秒、第3巻は23分44秒)

どのくらい理解できるようになったら、「英語のみ」を聞いたらいいですか?

はじめは「英語-日本語」を聞いて、ストーリーがつかめるようになったら「英語のみ」で聞いてみてください。日本語を介さず英語を英語で理解できるようになります。

「シチュエーションパートナー」はいつ頃から聞き始めればいいですか?

英語の音に慣れてくると、英語を口に出してみたいと思い始めます。その段階から、「シチュエーションパートナー」で口に出す練習を開始してください。

『スピードラーニング』の他の言語のビジネス版はありますか?

ございません。英語のみです。

ビジネス英語は難しそうですが、スクリプトで単語を確認してもいいですか?

最初はできるだけ見ないことをお勧めします。どうしてもわからない単語があり、気になるようでしたら、確認程度で使用してください。

読み書きの練習もできますか?

『スピードラーニング・ビジネス』はビジネスシーンでの「聞く力」、「話す力」を学んでいただく教材ですので読み書きの練習は行っておりません。

『スピードラーニング・ビジネス』での場面設定は、日本の会社ですか?それとも海外の会社ですか?

日本・海外両方の場面を設定しております。1巻〜6巻までは日本が舞台で、7巻〜12巻までは海外が舞台となっており ます。

英語の日本語訳が、一般的な表現と違うみたいですが?

『スピードラーニング・ビジネス』は、アメリカでの日常的な習慣・マナーを基準としています。そのため、日本での一般的な表現と異なる場合がございます。
(例)お電話をいただいた社員が休暇の場合、日本では一般的に「お休みをいただいております」とへりくだった案内をします が、アメリカでは、休暇を当然の権利として捉えていることから、単に「休暇中です」と表現する習慣の違い。

『スピードラーニング・ビジネス』の効果を確認できる方法はありますか?

教材1巻につき2回の無料電話サポートサービスをご利用ください。実際に外国人またはバイリンガルスタッフと会話していただくことで、ご自身の英語の聞き取れ度合いや英会話の上達度合いをチェックすることができます。

ビジネス英語は難しそうだけど、本当に聞き流すだけで大丈夫ですか?

はい。『スピードラーニング』を聞き流し、大量にインプット(聞きためる)していくと、聞きためた英語が自然と口から出てくるようになります。その後は、適量のアウトプット(口に出す)をしていくと、さらに自由に話せるようになっていきます。
ビジネス英語は難しいという先入観がおありかもしれませんが、『スピードラーニング・ビジネス』では、英語習得だけでなく、「マナーや習慣の違いなど外国人と一緒に仕事をする上で気をつけていただきたいこと」や「ビジネス場面で知っておいて役立つ情報」なども併せてお届けしますので、ビジネス英語学習に楽しく取り組めます。

レベルはどのぐらいですか?

『スピードラーニング・ビジネス』は、英語の基本的な知識はあるが会話に慣れていない方向けになっています。ただし、一般に出回っている教材のように、はじめは簡単で巻が進むにつれてレベルがアップするというシステムにはなっていません。
ビジネスで使用する専門用語は難しいものもありますが、それさえ押さえておけば、意外と簡単な言い回しで表現ができます。よって、各巻の中で、簡単な表現も、難しいと感じる表現もあります。

TOEIC®やTOEFL®の勉強に役に立ちますか? また、何点ぐらいまであがりますか?

A:『スピードラーニング・ビジネス』は、TOEIC®やTOEFL®の資格習得のための教材ではなく、ビジネスシーンでの聞く力、話す力の強化を目的に制作されております。
しかし、どの試験にも聞く力は重要な要素なので、リスニング力を上げることはとても効果的です。

『スピードラーニング英語』を48巻まで既に受講しているですが、『スピードラーニング・ビジネス』を使えばもっとうまくなりますか?

はい。『スピードラーニング』で聞いた様々な話題が、様々な場面で役に立ちます。『スピードラーニング・ビジネス』をご利用いただければ、それに加えてビジネスシーンでのやり取りがスムーズにいくようになります。

会話の練習をするためには、どのようなサポートがありますか?

A:無料電話サービス「フリートーク」、「リッスン&リピート」「シチュエーショントーク」があります。その他、目標に合わせた有料プログラムございます。

『フリートーク』は内容が難しかったり、使う単語が難しかったりしますか?

A:『スピードラーニング・ビジネス』の『フリートーク』には一部、ビジネス用語が入るものの、トーク内容が難しい、使う単語が難しいなどはありません。

『シチュエーショントーク』とは何ですか?

ビジネスシーンを設定した会話レッスンができるサービスです。「シチュエーションパートナー」で練習をしたあとにご利用いただくと効果的です。

『スピードラーニング・イングリッシュ』を受講している場合『フリートーク』は4回受けられますか?

A:はい。さようでございます。
教材1巻につき2回『フリートーク』を受けられますので×2として計4回受けられます。

他言語を家族が受講していて、『スピードラーニング・ビジネス』を受講しましたが、その場合、フリートークは家族みんなで使うことができますか?

A:できます。ただし、他言語と『スピードラーニング・ビジネス』の分と併せて計4回分をご家族皆様で使っていただく形になります。

ビジネス文書やビジネスメールなどもできるようになりたいのですが?

ビジネス文書の作成やメール作成に関するサポートは行っておりません。ビジネス文書作成等は弊社サービス対象外となることから、ご受講者様個人の学習が必要となります。

ビジネス文書の添削などもしてもらえますか?

大変申し訳ございませんが、文書類の添削は行っておりません

ビジネスに特化したイベントはありますか?どのようなものですか?

A:『スピードラーニング・ビジネス』のご受講者向けの有料イベントに関しては、0120-803-410までお問い合わせください。

領収書は出せますか?

領収書は発行してはおりませんので、「ご利用明細」を利用ください。
※会社などへ提出するためのevidenceとして必要な方には、発行をさせていただきます。その場合、購入後1年以内のものであれば発行可能です。教材到着後に0120-556-968 までご連絡ください。毎月の発行を希望される場合はお手数ではございますが、その都度ご連絡いただくことになりますのでご了承ください。

好きな巻を指定して購入することができますか?

お好きな巻だけをご受講することはできません。1巻から順に毎月1巻ずつお届けさせていただきます。

ソーシャルブックマーク


?