働きながら英語を学ぶには、これがベスト!

体験者の西脇さん

10日間無料試聴できます!
試聴用CDはさしあげます!

●商品到着後10日以内なら返品できます!

お申し込み

突然、海外の会社と取引が!

それは2年前。仕事の依頼先を、突然、国内から海外の企業に変えることになったのです。

「通訳がいるから大丈夫」という安心感は、すぐに吹き飛びました。
こちらの要望を、専門外の通訳が直訳するだけでは相手に理解されない。相手が「気が進まない」と渋っていたのに、
通訳を介すと背景やニュアンスがちゃんと伝わってこない。

その結果、仕事が進まなくなったのです。

西脇さん

英語力だけでは ビジネスで通用しない

仕事ってやはり、相手との意思疎通がほとんどを占めるんですよね。相手の文化や状況、気持ちを理解できて、はじめて信頼感も
生まれます。

特に海外には、日本企業のように「これをやって」「わかりました」で、あとはあうんの呼吸でそれなりのことをしていただける文化はありません。こちらの依頼を伝え、相手の要求を聞いた上で、
きちんと理解してもらえるよう “説得”する。

このスキルが必須だと気づきました。

西脇さん2

実際にありえるストーリーに共感

西脇さん3

『スピードラーニング・ビジネス』は英語のあとにワンテンポ遅れて日本語が流れるので、「おー、覚えやすい!」と感じました。

さらに「上司が突然外国人になった」という設定や、主人公がはっきりものを言う外国人との違いに戸惑うところが、実際にありえると感じられた。興味が持てたからこそ、通勤の往復1時間ちょっと、毎日飽きずに聞けたんだと思います。

それに、使われている単語が難しくない。
「専門用語がズラズラ出てこない」「本物の英語にたくさん触れて“聞き慣れる”ことができる 」のは魅力でした。
2カ月目、海外の協力会社の方が話す英語を聞いて、瞬間的に
「あれ?どうも違うよ、今の通訳は」と思ったことがありました。それでもう一回問いただしたら、やはり私が聞き取った内容のほうが
正しかった。「聞き取れた!」と実感できました。

聞けるようになってくると、同時に「しゃべりたい」という欲求も積み上がってきます。

理論的じゃなくて、「体が思う」っていうんですかね。こちらの要望も口に出して伝えることも挑戦中です。

英語を話す恐怖心が消えた!

今はもう、英語を話さなければいけない恐怖心はありません。

『スピードラーニング・ビジネス』がなければ、取引先の外国人といつまでたっても
真の意味で向き合えなかったと思います。

今思えば、通勤時間に寝ていたり、雑誌を読んだりしていた頃は、もったいなかった!
私のように働きながらビジネス英語を身につけるには、この方法がベストだと思います。

(個人の感想ですので、効果には個人差があります。)



お申し込みいただきますと、初回セットをお届けします。初回セットには無料試聴用CDと教材第1巻が含まれています。まずは、その中の無料試聴用CDをお試しください。万一お気に召さない場合は、商品到着後10日以内に商品をご返送いただければお申し込みは取り消されますので安心です(返送料は弊社が負担します)。

ソーシャルブックマーク


?