英会話教材スピードラーニングで身に付く英語>スピードラーニング・ジュニア

スピードラーニングは子どもたちのために本物の生きた英語をお届けします!!

石川遼選手もスピードラーニング・ジュニアから始めました!

石川遼選手

石川遼選手

受講特典
お申し込みはこちら

 『スピードラーニング・ジュニア』は、受講者100万人突破、20年間のロングセラー、聞き流すだけの英会話教材『スピードラーニング』のジュニア(子供)版であり、小学生から中学生まで幅広い年齢層に聞いていただける内容となっています。

 『スピードラーニング』を移動中に聞いて、英会話力をアップさせたプロゴルファーの石川遼選手も実は15歳のときに『スピードラーニング・ジュニア』から聞き始めたのです。石川遼選手もオススメの『スピードラーニング・ジュニア』は、CDを聞き流すだけで自然に生きた英語が身につく英会話教材です。

 『スピードラーニング・ジュニア』は全巻を通じてリラックスして楽しく英語を聞くことができます。自然な英会話表現はもちろん、知らず知らずのうちにアメリカの子どもたちの生活や日本とアメリカの違いが分かるように作られています。また、昔話や科学ものなど、読み聞かせ風の内容も盛り込みました。楽しく自然に英語が体にしみこんでいくのをぜひお子様と一緒に体験してください。

英語の授業だけでは英語は話せない!?

 2011年度から全国の公立小学校でも5、6年生を対象とした英語教育が始まりました。しかし、学校教育でのリスニングの時間は少ないので、学校での勉強のほかに、日ごろから英語に多く触れて、英語の音に耳を慣らしていくことが必要です。なぜなら、英語には日本人には聞き取りにくい英語特有の高周波音が存在するからです。

 日本語の周波数が最大1500Hzくらいなのに対し、英語はその倍以上もあるのです。そのため、慣れていない高周波の音は「雑音」として処理され、日本人にはうまく聞き取れないのです。この英語特有の高周波音を聞き分けられれば、英会話は自然と身につきます。 そのために最適なのが英会話を「聞き流す」訓練なのです。

音楽を聞くように聞き流すだけでOK!

 お父さん、お母さんがお子さんのために『スピードラーニング・ジュニア』で英語を聞く環境を作ってあげてください。リビングや車の中などでBGMのように聞くことをおすすめします。CDを聞き流しているうちに英語の音に慣れ、自然な英語表現が身体にしみこんできて、やがて英語が口からあふれ出してきます。

 あふれる子ども英語教材の中で、『スピードラーニング・ジュニア』ほどシンプルなものはありません。ただCDを聞き流すだけです。英語の音に慣れ、ナチュラルスピードで自然な表現が身体にしみこんでくる、一番無駄がなく自然なメソッドです。そして、音に慣れたら英語を口に出して話してみましょう。(電話での『フリートーク』が教材1巻につき2回まで無料です!詳しくはこちら)。自然に読み書きにも興味が出てきて学校の英語にも積極的に取り組み、成績も上がることでしょう。

 ジュニア世代を持つ親御さんは、仕事と家庭、子どもの学校やおつきあいなど、とにかく忙しいですから、楽に続けられることが重要です。『スピードラーニング・ジュニア』をリビングや車の中で聞き流すことは、子どもにも親にもまったく負担はありません。さあ、ご家族で楽しんでください。

学校教育でも導入されています!

広島加計学園 英数学館小学校

英数学館小学校授業風景

 広島県・福山市にある広島加計学園・英数学館小学校が、2010年5月より英会話教材『スピードラーニング・ジュニア』を教育現場にとり入れ、エスプリラインとの共同研究をスタートさせました。

 今回、共同研究を実施する英数学館小学校では、行き帰りのスクールバス内のBGMとして『スピードラーニング・ジュニア』を流しており、7月1日からは休憩時間や放課後といった授業以外の時間にも『スピードラーニング・ジュニア』を校内放送しています。今後『スピードラーニング・ジュニア』による「聞き流し」を効果的に活用していく方向です。

お申し込みはこちら
Speed Learning Junior

ソーシャルブックマーク


?