アメリカへ行ってすぐに使える生きた英語が満載。内容紹介

聞き流すだけで英語が身につく。この広告コピーを見て、『スピードラーニング』を申し込んだ受講者の方は多いでしょう。 しかし、なぜ「聞き流す」ことがいいのか、それを知っている方は少ないと思います。ここで、従来の学習法と『スピードラーニング』 の学習法とを比較していきたいと思います。

学習スタート

難しい、やさしいの概念がなく、どこからでも始められる

単語の暗記や文法など一切なし。まずは聞き流して英語を耳になじませることによって、 英語の音が聞き取れる「英語耳」が養われていきます。どこから聞いても大丈夫。気に入った巻を繰り返し聞くと効果的です。

従来は… 各レッスンとも新出単語→新しい文法→本文の解釈→練習問題という流れで学習していました。 レッスン1からだんだんと難しくなっていくので、前の課が分からないと次に進めませんでした。

内容

生活の一場面を切り取ったような、限りなく本物に近い内容のスクリプト

開発者や制作担当者が実際に体験した出来事をもとに、生活の一部を切り取った内容だから臨場感にあふれています。英会話だけでなく、アメリカの文化や習慣の違いも同時に身について一石二鳥!

従来は… その課で教える文法や構文に合わせて人工的につくられたストーリー。 不自然でリアルさがありませんでした。初心者向けのテキストに、よく"I am a boy.""You are a girl."という文章が出てきましたが、このように話すシチュエーションは現実にはほとんどありません。

学び方

会話全体をかたまりとして理解していく

知らない単語・熟語や構文があったとしても、日本語訳がついているので、場面が頭の中で映像化でき、文のかたまりで何をいっているのかが理解できます。細部は気にせず、キーワードやキーフレーズをつかめるようになります。

従来は… 部分を習ってから、全体へと学習していく学び方。 単語の意味や文法の知識を使い、頭から一つひとつ日本語に置き換えて理解していました。

実用性

日本人の視点と文化背景、言葉を超えたコミュニケーションを身につける

聞き流すことによって、自然にアメリカの文化・習慣・行事・国民性・考え方が分かり、 言葉を超えた真のコミュニケーション力がつきます。

従来は… 言葉だけが教えられ、文化的背景を体感することができませんでした。

すぐに使える日常英会話が満載!
だから続けられる
『スピードラーニング』のよくある質問をご紹介。
次へ

ソーシャルブックマーク


?