スピードラーニング

英検準2級に受かってビックリしました。
洗濯物を干したり、ご飯を作りながら
楽しく英語を聞き流していただけなのに!

児玉 朋子さん

もう英語は嫌い!赤点でした

中学、高校と英語は嫌いで、やらせられている感でいっぱいでした。

特に文法の授業なんてなにがなんだかわからないような状態でしたね。英語を発音するときにツバを飛ばす先生がいて、もう女子学生としては耐えられませんでした(笑)。

当時洋楽を聞くのが流行っていてそういう友達は楽しそうに英語をやっていましたけど、私は全然カッコいいとは思えず興味もわかなかったですね。授業中はもう「試されている、やらされている」と思えて本当に苦痛でした。

ですから大事なところで赤点とったこともあります。

子供がインターナショナルスクールに入った

仕事をしているので子供を幼稚園に預けようとしたんですけど空きがなかったんです。

たまたまインターナショナルスクール(英語で指導する幼稚園)だったら空いていました。待機児童にしておくわけにもいかないのでそこに子供を入れたんですけど、幼稚園の中で交わされる会話は全部英語なんです。先生は外国人で何を言っているかさっぱりわかりません。幼稚園のイベントの打ち合わせも英語です。

本当に困りました。「これは私も英語をやらないとまずいな」と思いました。

忙しい。英語を勉強する時間が無い

英語をやらなくちゃとは思ったんですけど、とにかく時間が無いんですね。仕事があって、子育てがあって、家事もあります。

今もそうです。朝5時に起きて洗濯して子どもたちを起こして朝ごはん。その後に、洗濯物を干して、掃除機をかけて会社に行きます。仕事が終わると子供の送り迎えです。自分の時間なんかありませんよ。

録画した映画を見るのに半年かかったなんてこともありましたね。

聞き流し?ほんまかいな?

ある日ラジオを聴いていたらスピードラーニングのCMが流れていました。

石川遼選手が愛用しているって言ってました。 「遼君は忙しいはず。そんな遼君ができるなら私にもできるかな」と思いました。

正直にいうと「聞き流すだけでいい」ってCMを聴いたとき「ホンマかいな?」って思ったんです。でも「無料で試せる」って言ってたので、「まぁ私が聞かなくても子供が聞くかもしれないし」と気軽な気持ちで申し込みました。

インターナショナルスクールを卒園して公立の小学校に通っていた上の子が英語力をどんどん忘れてゆくのでなんとかしなきゃというのもありましたね。

辞書ひかなくていいから
家事をしながらでも聞き流せました

最初は長い言葉や難しい単語を覚えなくちゃいけないんだろうなと思っていたんですが、届いた無料の試聴版を聴いてみたらそんなことはありませんでした。

英語の後に日本語が流れているので、辞書をひかなくても意味がわかるんですね。テキストも見なくていいんです。

本当に聞き流してればいい。ながら聞きでいい。ですから私も辞書はひきませんでした。勉強しているって感覚はなくて自然に聞き流していました。

実はスピードラーニングをやる前、教育テレビで、英会話の番組をちょっと聞いたことがあるんです。でも忙しくてテレビの前に座っている時間なんかありません。どんどんビデオが貯まってしまいました。結局続きませんでしたね。

でもスピードラーニングは違いました。時間つくらなくてもいいんですよ、なにかやりながらでも英語が学べるんですから。洗濯物干しながらとか、ご飯作りながらとか家事をやりながらでもできたんです。これは本当に良かったですね。

まるでラジオドラマ、これはおもしろい

スピードラーニングはいろんなストーリーがあるんですけどこれがラジオドラマみたいでおもしろいんです。

「このふたり大丈夫かなぁ?」とおもったらまさかの展開になって「えー、こうきたか」みたいな。そんなのも刺激になって、ちょっとわくわくしながら聴けるんです。楽しいですね。

アメリカの歴史や文化についての巻もあるんですね。ドキュメンタリー番組を見ているような感覚でいろんなことを知ることができました。楽しみながら学べますね。

気楽なのがいい

スピードラーニングのいいところは、テストがないんですよ。

テストがあるから頑張れる人もいるんでしょうけど、私の場合はプレッシャーがないのがいいんです。もう、聞いてるだけでいいんだし、これをできたかどうか試される場もないから、気楽なんですね。だから続けられたんだと思います。

それに1巻ごと話が完結しているので、どこから聞いてもいいんです。好きな巻だけ繰り返し聞くこともできるし、楽に続けられますね。

英語が聞き取れるようになった

英語の後に日本語の意味が吹き込まれたCDをまず最初に聴くんです。

確かにテキストみなくても意味が分かるからいいんだけどなんだか日本語ばかりが頭に入ってきている気がしてました。「英語は絶対聞けていないな」って思っていました。

それを繰り返し聞いて意味が頭に入ったら今度は英語だけの別のCD(イングリッシュオンリーCD)を聴くんです。

でもあるとき試しに日本語が入ったCDを聴かずに、いきなり英語だけのCDを聴いてみたことがあるんです。そしたら意外にも聞き取れたんですよ。

日本語に訳さなくても意味がわかるんです。日本語ばかり聞こえていた気がしていましたが、ちゃんと英語の力がついていたんですね。

「はあー!」と思って、こう、世界がコロッと変わって見えるような、ドキドキして感動しました。

無料の電話英会話サービスが楽しい

教材1巻につき2回のフリートーク(無料の電話英会話サービス)が良かったですね。

とても明るくて元気な人達なので、「絶対に美男美女がしゃべってる」って想像しながら楽しくしゃべるようにしました(笑)。

ここでも「やらされてる感」がなくていいんです。「できましたか?」とか言われませんし発音が違うとか怒られることもないですし、とにかく楽しく英会話ができてテンションがあがるんです。ポジティブになるんです。

学んだ英語を実際に使える場があるというのは効果や自分の成長も実感できてとってもいいと思いますね。

英検準2級に受かった!

スピードラーニングを一緒に聞かせていた子供に英検を受けさせたくて英検用の教材を勉強させました。英検ですからリスニングの勉強もするんですけどそのCDを聴いていたら、私もなんだか聞き取れちゃうんですね。

「私も英検受かるかもしれない」って思って試しに子供と受けてみたんです。そしたら私が英検準2級に受かってしまいました。びっくりです。

もちろん子供たちも受かりましたよ。一緒に聴いていた上の子(小学5年生)は準2級、下の子(小学2年生)は3級です。スピードラーニングやっていて本当によかったです。

海外旅行も楽しくなった

オーストラリアのケアンズに行ったときのことです。

その時間違えて欧米人向けのオプションツアーに申し込んでしまったんです。もちろん全編英語ですので「しまったな」と思ったんですけど意外にも英語が聞き取れるんです。

バスに乗ったら運転手さんが気さくな人で、英語で話しかけてくるんですね。

私も英語で答えていたら、一緒に乗っていた主人はぜんぜんわからなかったみたいで「すごいな」って小さい声でいってました。

英語が話せるようになってから、自信が持てるというか、ポジティブになれました。「もう歳だから」とか「主婦だから無理」とかそう決めつけるのではなくて、何事もチャレンジだと思いますね。

(※効果には個人差があります。)